知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

マンションなどの集合住宅の部分

知らないと損!不動産契約の必須知識
マンションは一戸建て住宅とは違い、「専有部分」と「共用部分」に分かれています。
専有部分とは、自身の住居部分のことです。
これに対して共用部分とは、廊下やエレベーター、階段、玄関ロビーや敷地などのことです。
マンションでは共用部分に対して敷地使用権という権利があります。
所有者はこの敷地使用権によって、共用部分の使用が認められています。
そして共用部分に対しての使用用途には制限が設けられています。
この制限を記したものが管理規約というわけです。
共用部分に使用は管理規約によって、制限が設けられています。
特に注意が必要な共用部分は、ベランダやバルコニーです。
これらは専有部分に接しており、使用できるのは専有部分の所有者のみです。
ですがこの使用は敷地使用権によって認められており、管理規約における制限の対象となっています。
物置などの設置を認めないといったものや、バルコニーの手すり部分に布団を干す行為を禁止している管理規約があります。
ベランダやバルコニーは専有部分と思われがちですが、実際には共用部分のため管理規約によって使用用途の制限が設けられていることを確認しておきましょう。
また同じく窓ガラスも共用部分とされています。
もちろん割れた場合の交換は自由ですが、防音ガラスや断熱素材の入ったガラスへの変更を勝手に行ってはいけません。
集合住宅という住まいは、購入者である区分所有者すべての方の財産です。
そのため共用部分の使用に関して厳しい管理規約が設けられています。
厳しい管理規約を設けることですべての区分所有者の持つ財産価値の低下速度を遅くすることにつながっています。

おすすめ記事

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.