知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

契約は慎重に

知らないと損!不動産契約の必須知識
住まいに関する売買契約は簡単に解除できるものではありません。
特に買い主の一方的な契約解除は、違約金などのペナルティが発生し、利益になるようなことはありません。
そのため売買契約を交わす前に、契約内容および物件の詳細をしっかりと確認する必要があります。
住宅ローンを利用すれば簡単に購入できると思いがちですが、契約自体の中身をしっかりと認識していることは極めて重要です。
売買契約とは法律の制限はあっても、あくまでも自由な契約です。
そのため不動産会社などの売り主と買い主との信頼関係がもっとも大切になっています。
信頼関係が重要なため、どちらかが一方的な理由による契約解除はできません。
売買契約の解除にはさまざまな条件が設けられています。
一般的には売買契約の締結前に支払う手付金による解除となっています。
これは手付金を破棄することで契約を解除するという方法です。
もちろんメリットはありませんが、売買契約において物件や契約内容に問題が見られた場合は、全額支払うよりもダメージが低いといえます。
売買契約では不動産会社による重要事項説明が義務付けられています。
この重要事項説明は不動産会社の宅地建物取引主任者が行う説明で、契約の内容や物件についての詳細な説明が行われます。
そしてこの説明を受けて合意できないのであれば、その場で売買契約を解除することができます。
この場合は、先に支払っている手付金は全額返還されます。
また他にペナルティに科せられるわけでもありません。
問題は記名押印した後に解除を申し出る場合です。
すでに契約が結ばれた後に解除を申し出ると上記にあるような手付金や、他の違約金を支払うことになります。

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.