知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

契約後の解除

知らないと損!不動産契約の必須知識
売買契約を結んだ後に解除する方法はいくつか存在します。
1つは「手付解除」で、支払った手付金の返還を無効にすることで契約を解除することができます。
これはあくまでも、売り主が履行に着手する前のみに適用させることができる解除方法です。
買い主側からの手付解除は、支払った手付金額の全額となっています。
売り主側からの手付解除は、手付金額の倍額の支払いとなっています。
そして「クリーグオフ」による解除の方法があります。
このクリーングオフでは、不動産会社が売り主であり、一定の条件を満たしている場合のみ契約を解除できます。
クリーングオフの場合は無条件で解除することができます。
他には「危険負担」による解除という方法があります。
危険負担とは、天災によって売買契約対象物件の滅失などによって、契約自体の持つ目的が達せられない場合に適用させることができます。
危険負担による解除は、買い主にとって無条件で解除できる方法です。
そして「瑕疵担保責任」に基づいた解除という方法があります。
瑕疵担保とは、外見からは分からない住宅の欠陥などがあった場合を対象としており、買い主は無条件にて契約を解除することになります。
そして「ローン特約による解除」があります。
これは住宅ローンにローン特約が設けられている場合に適用できる方法で、審査に通らず融資を受けることができなかった場合を対象としています。
ローン特約では無条件に解除となります。
住まいの契約では後から問題が見つかっても、買い主は自身に負担を強いて解除することになります。
上記にある方法はケースに応じてというもので、一般的には手付解除となります。
当然、手付金そのものを捨ててしまうという一方的な損を被ります。

おすすめ記事

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.