知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

解約手付という性質

知らないと損!不動産契約の必須知識
住宅や土地などの住まいに関する売買契約では、始めに「手付金」というお金を支払います。
この手付金とは、売買契約を締結させるということを示すための意思表示として支払います。
また手付金には「解約手付」という性質があります。
購入希望者から渡す手付金は、売買契約の解除の際に放棄することで、物件の持ち主が解除に応じるというものです。
そのため、購入希望者が一方的な理由で売買契約を解除した場合、手付金は一切返還されません。
逆に持ち主が一方的に契約を解除する場合、手付金額の倍額を支払うことになっています。
手付金の額が上記にあるような1,000万円以上もしくは10パーセント(未完成物件は5パーセント)の場合は、銀行や保証会社などによって「保全措置」がとられています。
この保全措置によって建築におけるトラブルが発生した場合、購入希望者には手付金が全額返還されることとなっています。
この手付金と似たものとされているのが「申込金」です。
この申込金とは、物件の購入において申込順位の確保を目的として売り主に授受されるものです。
そのため売買契約が締結を迎えず解除となった場合は、全額返還されるという性質になっています。
この点が申込金と手付金の大きな違いとなっています。
ですが中には申込金でも、返還を拒否する不動産会社や家主がいるようです。
申込金は売買契約が締結されていない時点では、必ず返還されなくてはいけません。
そのため申込金は「預かり金」ともよばれています。
預かり金と手付金の性質はまったく異なるものですので、その違いを確実に理解しておきましょう。

おすすめ記事

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.