知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

媒介契約による報酬

知らないと損!不動産契約の必須知識
一戸建ての住まいを購入する際、新築の場合でも不動産会社に対して「仲介手数料」を支払うことがあります。
これは売買契約が、不動産会社の取引形態の1つである「媒介契約」の場合です。
媒介とは仲介の意味です。
一戸建て住宅の所有者が不動産会社で、他の不動産会社を仲介して販売しているものは、媒介契約を交わしているのが一般的です。
この媒介契約では他の不動産会社が、物件を所有している不動産会社の代理人となるため、売買の業務を受け持ちます。
そのため仲介手数料を支払う必要があるというわけです。
逆にいえば所有している物件の不動産会社と直接、売買契約を交わす場合仲介手数料は発生しません。
これは個人間の売買契約でも同じです。
個人が所有している新築住宅の売買契約では、窓口が所有者であれば仲介手数料は発生しません。
中古住宅の場合は、個人で販売するのではなく不動産会社に販売委託をしていることが大半ですので、仲介手数料が発生します。
また媒介契約は、自動的に更新されません。
一部の不動産会社が自動更新を行っているようですが、標準媒介契約約款(国土交通省)によって認められていません。
媒介契約の期間は3カ月が最長となっています。
もちろん、媒介契約を申し込んでいる側が、更新を希望するのであれば可能となります。
そこで注意が必要なのは、媒介契約書の記載内容です。
上記にある標準媒介契約約款には基づかない、という主旨の約款が記載されている場合は自動更新もあり得ます。
媒介契約書の約款に記載されていない場合は、自動更新は認められていません。

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.