知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

仲介手数料の中身

知らないと損!不動産契約の必須知識
不動産会社が住まいの売買契約の業務をする場合や賃貸契約の業務をする場合、「仲介手数料」が発生します。
仲介手数料は、不動産会社という媒介を通すため、その業務の報酬として支払う費用です。
あくまでも媒介業務を行う業者に対して支払う報酬のため、個人間における仲介手数料は必要ありません。
また新築住宅で不動産会社が所有している物件の場合は、仲介手数料は発生しません。
仲介手数料の金額は、法律で定められています。
物件の売買価格が400万円を超える場合、「(売買価格の3パーセント+6万円)X1.05パーセント(消費税)」となっています。
そしてこの仲介手数料の決まりを逆手にとり、高額な仲介手数料になるのは法律で決まっているからという不動産会社があります。
ですがこの仲介手数料の算出方法は、あくまでも法律における上限のものです。
当然、これ以下の仲介手数料で業務を行っている不動産会社もあります。
法律による決まりとは、あくまでも上限に対して定められているものです。
不動産会社にとって仲介手数料は、会社の売り上げの大半を占めます。
ですが金額に上限が設けられているため、自由に売り上げを得ることが難しいです。
そこで仲介手数料とは別の名目で、手数料を請求する不動産会社があります。
仲介手数料には上限がありますが、他の名目の手数料には上限がありません。
そのため常識範囲を超えた費用を請求されることもあります。
ですが、基本的に不動産会社への支払いは仲介手数料のみとなっていますので、おかしな名目の手数料を請求された場合は支払わないようにしましょう。
悪質だと感じる場合は、不動産会社を管轄している役所の窓口に相談しましょう。

おすすめ記事

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.