知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

売り主にとっての仲介手数料

知らないと損!不動産契約の必須知識
不動産会社は売買や賃貸などの契約の仲介をすることが主な業務となっています。
この業務によって発生する収益が「仲介手数料」です。
仲介手数料が発生する仲介は、「媒介」ともよばれています。
通常、住まいの売り主が売却をする際、不動産会社に購入者を募ってもらう形式となっています。
もちろん売り主が個人で、買い主を探してもよいのですが個人では簡単に募集することはできません。
そのため、売り主は不動産会社に対して媒介契約を結んで、買い主を探してもらっています。
すなわち仲介手数料は、売り主だけではなく、買い主に対しても発生するものとなっています。
売り主の場合、売買契約をしてくれる買い主を探して、契約を行ってもらうことでその仲介役である不動産会社に対して仲介手数料を支払います。
ですが中にはトラブルの発生することもあります。
媒介契約で仲介手数料が発生するのであれば、契約を打ち切る際に仲介手数料の代わりなる費用を請求されることがあります。
ですが仲介手数料とは、仲介業務に対する報酬であり、売買契約を交わしてないのであれば当然報酬は発生しません。
仲介手数料は、あくまでも売買契約の成立に対する報酬です。
また仲介手数料は売買契約に対する報酬となっており、売買契約が締結しなかった場合は支払う必要はありません。
ただし例外的に、買い主の一方的な事情もしくは売り主の一方的な事情による売買契約の解除の場合は、仲介手数料が発生します。
すなわち不動産会社に落ち度のない売買契約の解除の場合は、仲介手数料を支払わなくてはなりません。
売る側も買う側もこの点に注意しましょう。

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.