知らないと損!不動産契約の必須知識

知らないと損!不動産契約の必須知識

管理規約について

知らないと損!不動産契約の必須知識
集合住宅であるマンションやアパートは、購入者の所有物となりますが、所有者の自由に使用できるものではありません。
一戸建て住宅であれば、法令の範囲内での使用はすべて認められます。
これが一戸建て住宅の大きな魅力といえるでしょう。
マンションなどの売買契約では使用の制限として「管理規約」が設けられています。
管理規約は口頭と書類で売買契約の際に説明を受けます。
ですが口頭と書類と異なる場合もあります。
当然書類の管理規約の方が正しいのでしっかりと目を通すようにしましょう。
よく聞かれるのが見学などに行った際の説明と契約の際の説明が異なるということです。
例えば小さな犬や猫であれば飼育しても問題ないといわれても、書類の管理規約にペット飼育禁止と記載されていればペットを飼ってはいけません。
本来、不動産会社には重要事項説明という説明が義務つけられています。
この説明は購入者に対してどのような物件なのかということを伝えるものです。
これは売買契約が買い主に対して一方的に不利益なものとならないようにするための制度です。
集合住宅という住まいは、一戸建て住宅にはない特有の管理規約が設けられています。
これは集団生活を1つの建物ですごすために設けられていますが、同時に購入した区分所有者すべての方が持つ財産の価値を下げないためでもあります。
部屋をいくらきれいに使用していても、マンションやアパートなどの建物自体の価値が下落すると、部屋の価値も下がってしまいます。
その結果、区分所有者すべての方の財産価値が下がってしまいます。
そのため管理規約というものが設けられているということを理解しましょう。

Copyright 2017 知らないと損!不動産契約の必須知識 All Rights Reserved.